全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は8日、新型コロナウイルス対策を巡って北村誠吾地方創生担当相とオンラインで会談し、国が自治体に配分する計3兆円の地方創生臨時交付金について、予備費も活用して増額するよう求めた。飯泉氏によると、北村氏は「足りないのであれば、しっかり意見を聞いて対応したい」と述べたという。

 知事会が8月に行った調査では、全ての都道府県が臨時交付金の不足を見込んでいると回答。不足額は計約5千億円に上った。使い道は、休業要請に伴う協力金など中小事業者への支援が最も多かった。

 21年度の政府予算でも引き続き臨時交付金として必要額の計上を求めた。