東京都庁に隣接する新宿中央公園(東京都新宿区)がこのほど、荒れた状態になっていた芝生広場を1年近くかけて全面的に整備し、一般公開した。美しい芝生がよみがえるとともに、レストランやカフェ、フィットネスクラブの入る施設「SHUKNOVA(シュクノバ)」も開業。評判は上々で、来園者がかなり増えているという。

 新宿区みどり公園課によると、以前の芝生広場は雑草がはびこり、木がうっそうと茂って見通しも悪かった。今回、土を入れ替えて新しく芝を張り、一部を観賞用の「魅せる芝生」、残りを立ち入り自由な区域とした。「魅せる芝生」は年間を通じて青々とした状態を保たせ、特別な許可を得た場合以外、立ち入ることができない。

 シュクノバは、新宿が江戸時代に甲州街道の宿場だったことにちなんで名付けられた。公園の景観との調和を考えた低層の建物で、レストラン「むさしの森Diner」、カフェ「スターバックス」、ヨガやボルダリングなどができるクラブ「PARKERS TOKYO」が入居。1階と2階にはそれぞれ、自由に利用できるテラス席が設けられている。

 芝生広場は、座ったり寝転んだりしてくつろぐのに好適で、都庁をはじめとする超高層ビル群はすぐ目の前。シュクノバの2階テラスから見る芝生広場全体の眺めもお薦めだ。