プロ野球とサッカーのJリーグは8日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため9月末まで最大5千人とされている観客数制限について、緩和を求める要望書を西村康稔経済再生担当相に提出した。要望書の中で、上限を2万人か会場の収容人員50%のどちらか少ない方を目安とすることを求めた。

 プロ野球とJリーグでは観客のクラスター(感染者集団)が発生していない。プロ野球の斉藤惇コミッショナーは記者会見で「来場者に安全かつ安心な環境を楽しんでいただくためにガイドラインを修正しながらやってきた。それなりに効果が出ている」と話した。