政府が、コロナ感染症対策で9月末まで継続するとしていたイベントやプロスポーツの人数制限を、19日にも緩和する方向で検討に入ったことが分かった。上限5千人を撤廃し「収容人数の50%」のみを維持するとみられる。政府関係者が7日明らかにした。全国的な感染が落ち着きつつあるとみて、有識者らによるコロナ感染症対策分科会を11日に開き、最終判断する方針だ。

 同日の分科会では、観光支援事業「Go To トラベル」の対象に東京都発着の旅行を追加するかどうかも検討する可能性がある。都が10日に開催するモニタリング会議を踏まえて対応。追加の場合は9月下旬を想定している。