【ロンドン共同】英王室の公務を3月に引退したヘンリー王子が7日までに、メーガン妃との結婚後に一時滞在していた英国内の自宅の改修費約240万ポンド(約3億3500万円)を支払ったと英メディアが伝えた。王室への助成金が改修に充てられたことに国民から批判の声が上がり、返金する意向を示していた。

 引退後の財政的な自立を目指すとしていた王子夫妻を巡っては、米動画配信大手ネットフリックスと番組制作などの契約を交わしたことが最近明らかになった。英PA通信は関係筋の話として「この契約で支払いが可能になった」と伝えた。