厚生労働省は7日、2021年3月に卒業を予定する高校生の求人・求職状況(7月末時点)を公表した。求人倍率は前年同期と比べ0・44ポイント低い2・08倍で、11年3月卒を対象とした調査以来、10年ぶりの低下となった。新型コロナウイルスの感染拡大が影響したとみられる。

 厚労省によると、求人倍率が最も高かったのは東京都で5・93倍。大阪府が3・55倍で、広島県が2・60倍、愛知、香川両県が2・56倍だった。

 最も低かったのは沖縄県で0・83倍。青森県が1・13倍、長崎県が1・18倍、鹿児島県が1・27倍、奈良県が1・29倍だった。