人工知能(AI)を活用した自動翻訳システムの開発を手掛けるロゼッタ(東京)は7日、本社機能を10月1日からインターネット上の仮想現実(VR)空間に移転すると発表した。ネット上に再現したオフィスに社長や社員らが集まり、仕事ができるようにする。

 社員約260人のうち、社長を含めた中枢部門の20~30人が仮想空間で働く。VRに対応したゴーグル型の端末を着けると、執務室が目の前に広がる。モニター上の資料を選んで業務をしたり、各社員のアバター(分身)同士で集まって会議を開いたりする。

 他の企業との打ち合わせも仮想空間に招待する計画だという。