囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(11)は7日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれた第24期ドコモ杯女流棋聖戦の予選Aで佃亜紀子五段(48)を破り、16人で争う本戦トーナメントに進出した。仲邑初段は、昨年に続いて2期連続の本戦入りとなった。

 281手で白番6目半勝ちした仲邑初段は「序盤からうまく打てたと思います。本戦でも勝てるように精いっぱい頑張ります」とコメントした。

 佃五段は女流本因坊戦でタイトルに挑戦した実績もある実力者。佃五段と仲邑初段は昨年11月にも対戦があり、その時は佃五段が勝利した。