経団連の中西宏明会長は7日の定例記者会見で、次期政権への期待について「新型コロナウイルス対策を打ちつつ、経済の息が止まらないよう立て直す非常に大事な時期だ」と強調し、新型コロナ対応と経済再生の両立を挙げた。また長期的な成長戦略を打ち出す重要性を指摘し、「大きな課題を抱えた次の社会の設計にも注力してほしい」と述べた。

 中西氏はリンパ腫の再発で7月から入院しており、この日は約2カ月ぶりの外出となった。病状について「体調は悪くないが、再発の難しさがあり治療は試行錯誤で進めている」と説明。退院の時期は見通せないとした。