地方新聞46紙と共同通信社は本年度、地域の課題解決に取り組む団体、プロジェクトを表彰する第11回地域再生大賞を合同で実施する。今回は新型コロナウイルス流行への取り組みに注目し「コロナ禍を越えて」という副題を設けた。来年1月に各賞を決定、2月に都内で表彰式を開く。

 今回から表彰対象を団体だけでなく、広域連携などのプロジェクトにも拡大する。以前に受賞した後に、活動をさらに発展させている団体も多いため5年間、受賞していなければ推薦できるようにした。

 また第11回は特例として、コロナ禍を乗り越える活動については過去の受賞歴を問わず、推薦対象とする。