【ニューヨーク共同】中国政府が、中国に駐在する米メディアの記者への記者証更新を停止したことが分かった。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版が6日伝えた。

 CNNなど数社が先週、記者証更新を外務省に申請したところ拒否されたという。米政府は5月、中国人記者の米国滞在を90日間に制限する措置を発動。中国側は対抗措置を示唆していた。

 中国政府は今後の記者証発行について、米政府が中国メディア記者に査証(ビザ)を出すかどうか見極めた上で決めるとの考えを、一部の米記者に示したという。