NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話大手3社は7日、台風10号の影響で、携帯がつながらないか、つながりにくくなる通信障害が九州や中国、四国で発生したとそれぞれ発表した。基地局同士を接続するケーブルの故障や停電が原因で、復旧作業を進める。

 障害が起きたのは7日午前時点で、ドコモが山口、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島各県。auは台風9号の影響も含めて九州7県全て。ソフトバンクは山口、高知、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島各県で、3社とも各県の一部地域となる。