【ニューヨーク共同】米大リーグ、カージナルスなどで史上2位の通算938盗塁を記録したルー・ブロックさんが6日に死去したと、米国野球殿堂が同日、発表した。81歳だった。

 1961年にカブスでメジャーデビューした外野手で、64年途中にカージナルスへ移籍。俊足を武器に8度の盗塁王に輝き、74年には当時のシーズン最多記録となる118盗塁をマークした。大舞台に強く、64、67年のワールドシリーズ制覇に貢献した。オールスター戦に6度選出され、85年には米国野球殿堂入りを果たした。

 79年までの19年で通算2616試合に出場した。