新型コロナウイルスの影響で中断していた自動車の世界ラリー選手権(WRC)の再開レースとなった第4戦ラリー・エストニアは6日にゴールを迎え、トヨタ勢はセバスチャン・オジェ(フランス)の3位が最高だった。オット・タナク(エストニア、現代)が優勝した。(共同)