ヤクルトが5位に浮上した。小川が8回4安打1失点の好投で8勝目。打線は0―1の六回に山田哲の適時打など6安打を集中して一挙5点を奪った。終盤も5点を加えた。中日はロドリゲスが崩れ、連勝が3で止まった。