ソフトボールの日本リーグ女子は6日、神奈川県大和市の大和スタジアムで開幕節の残り3試合が行われ、昨年3位のトヨタ自動車が、2連覇を目指すビックカメラ高崎に10―1で大勝した。SGホールディングスは延長八回タイブレークの末、戸田中央総合病院を2―1で下した。伊予銀行は日本精工を5―3で振り切った。

 トヨタ自動車は0―1の一回に古沢の適時打などで2得点。二回にも古沢の2点三塁打などで3点を加えた。ビックカメラ高崎はエース上野が4回7安打6失点と崩れた。

 今季は新型コロナウイルスの影響で5カ月以上遅れての開幕となった。