自民党総裁選に立候補表明した岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長は6日、NHK番組に出演し、派閥の在り方の見直しに言及した。派閥の方針が総裁選に大きな影響を与えているとの指摘に対し「派閥の弊害は謙虚に受け止める」(岸田氏)、「政策集団という原点に立ち返るべきだ」(石破氏)と訴えた。

 岸田氏は、派閥の意義に関し「人材育成という良い面もあるが、派閥のありようを通じて党のありようを考える。総裁選はその機会だ」と語った。石破氏は「党員のための自民党であるべきだ」と述べ、党員の意思を重視する姿勢を強調した。