【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は5日、2日から3日にかけ朝鮮半島を通過した台風9号により日本海側の咸鏡北道と咸鏡南道で約千世帯の家屋などが破壊された被災地を視察し、海岸沿いでの安全対策に「不備があった」と厳しく指摘した。朝鮮中央通信が6日、報じた。

 金氏は、被害復旧の組織発足に向けた党の政務局拡大会議を被災地で開き、党の咸鏡南道委員長を解任し組織指導部の副部長を後任とした。同会議の被災地での開催は異例。朝鮮人民軍の朴正天総参謀長らが参加した。

 咸鏡南道に到着した金氏は現地で被害状況の報告を受けた。公共の建物や農地の浸水もあったという。