秋篠宮家の長男悠仁さまは6日、14歳の誕生日を迎えた。お茶の水女子大付属中の2年に進級、新型コロナウイルス禍に伴う休校期間には、宮邸でオンライン学習に取り組んだ。夏休みには、専門家によるコロナ関連の進講に同席するなど、社会問題にも関心を寄せている。

 宮内庁によると、学校は2月下旬から休校となり、宮邸では課題に熱心に取り組みながら規則正しく暮らした。4月の進級後も休校が続き、オンライン授業も経験。6月下旬からは登校が再開し、元気に通学している。

 8月には例年より短い約2週間の夏休みに入った。