千葉市の病院で埼玉県越谷市の島村智広さん(32)の遺体が置き去りにされた事件で、死体遺棄容疑で逮捕された自称建設業田中大樹容疑者(36)が「別の名前の人物を捜していた」という趣旨の説明をしていることが5日、捜査関係者への取材で分かった。島村さんが人違いで連れ去られ暴行された疑いもあり、千葉県警が経緯を調べている。

 島村さんは3日午前1時すぎ、埼玉県八潮市の飲食店駐車場で2人組の男に連れ去られた。田中容疑者は調べに対し、駐車場で見つけた島村さんに名前を尋ねたところ、島村さんは自分の名前を名乗ったが、うそを言っていると思い暴行した、などと説明したという。