北海道の紋別アイヌ協会は5日、紋別市で新しいサケを迎える伝統儀式「アシリチェプノミ」を行った。昨年は畠山敏会長(78)が、先住民族の権利だとして道に許可申請せずに儀式用のサケを捕獲。道警が道内水面漁業調整規則違反容疑などで書類送検し、旭川地検が不起訴とした。今年は畠山会長が入院中で、参列者が持参したサケを使用した。

 紋別市の川のそばで、東京や埼玉在住のアイヌも含め約20人が参加。サケ2匹を川の神にささげて感謝したり、太陽の神などに酒を与えて祈ったりした。

 アイヌが生活の糧としていたサケ漁は、明治時代の禁漁や水産資源保護法で一方的に禁止された。