オフィス改革の一環として導入企業が増えている「フリーアドレス制」が、新型コロナで逆風を受けている。社員の席を固定せず職場の交流促進や省スペース化を狙ったスタイルだが、感染者が出た際に接触者の把握が難しいためだ。各社は感染防止策に知恵を絞る。

 LCCのピーチ・アビエーションは2011年の設立当初から、部署や役職を超えた交流を目的にフリーアドレスを導入。感染が拡大した3月ごろから、各座席を使った社員の氏名や時間を書き込む表を設置した。

 事務機器販売のコクヨマーケティング名古屋支社は、フリーアドレス席の一部を使用禁止にし、対面や隣り合って座ることを制限した。