NTT西日本はラジオ局FM802(大阪市)と共同で、仮想現実(VR)端末を活用した音楽ライブの無料配信サービスを期間限定で始めた。新型コロナウイルスの流行で従来の形でのライブ開催が難しい中、自宅で楽しめる音楽体験を提案。NTT西は「新たな音楽カルチャーの発信につなげたい」としている。

 NTT西の子会社が運営するサービス「REALIVE360」のスマートフォン用アプリ上で、大阪市のライブハウスの映像を配信する。舞台上や客席といった複数の視点から高画質の360度カメラで撮影し、その場にいるような臨場感のある映像が味わえる。