【ニューヨーク共同】前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告の保釈中の逃亡を手助けしたとして、米国で拘束された米国人2人に関し、東部マサチューセッツ州の連邦裁判所は4日、日本への身柄引き渡しは可能だとする判断を下した。移送を認める司法判断を受け、今後国務省が引き渡すかどうか最終決定する。

 2人は米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員マイケル・テイラー容疑者(59)と息子のピーター容疑者(27)。東京地検特捜部が犯人隠避などの容疑で逮捕状を取り、米当局が5月に米国で拘束した。移送の可否を巡り、裁判所で審理が行われていた。