東京都奥多摩町で2003年、元飲食店員古川信也さん=当時(26)=の切断遺体が見つかった事件で、警視庁が逮捕監禁容疑で逮捕した紙谷惣容疑者(46)が逃亡先の南アフリカの日本大使館に出頭した際、「大家とトラブルになって家を追い出され、行くところがなくなった」と説明したことが5日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は同日、紙谷容疑者を送検した。

 紙谷容疑者は新型コロナの影響による生活困窮も理由に挙げて帰国の意思を示し、「同居人がコロナに感染した」とも説明したという。警視庁は今後、殺人と死体損壊・遺棄容疑でも調べ、17年間にわたる逃亡生活の実態解明を進める。