青森県を地盤とする青森銀行とみちのく銀行が、経営統合に向けた協議に入ったことが4日、分かった。地方銀行の統合に独占禁止法を適用しない特例法の適用へ、金融庁や公正取引委員会と調整する。実現すれば総資産規模が5兆円を超え、東北では七十七銀行(仙台市、8兆7千億円)、東邦銀行(福島市、6兆円)に次ぐ屈指の大型銀行グループが誕生する。

 青森、みちのく両行は金融持ち株会社設立による経営統合に向け、来年春にも資産査定を始める。統合後の合併を視野に協議を進める。複数の関係者が明らかにした。

 両行は昨年10月、包括的な提携検討で合意した。