非常に強い台風10号は5日、沖縄・大東諸島に接近した。今後、特別警報級の猛烈な勢力に発達し、沖縄本島や奄美に迫りそうだ。気象庁は6日の沖縄や奄美で最大瞬間風速85メートル(時速306キロ)、さらに九州南部では7日午後6時までの24時間に最大800ミリの雨量が予想されると発表。重大災害の恐れがあり、最大級の警戒が必要だ。

 気象庁は記録的大雨、暴風への対策を急ぐよう呼び掛け、沖縄や奄美では備えが加速。鹿児島県では塩田康一知事が自衛隊に災害派遣を要請し、ヘリで十島村の高齢者や妊婦ら約200人を鹿児島市へ順次避難させた。