厚生労働省は4日、冬の新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、発熱症状のある患者が受診する際の手続きを変更すると発表した。まず近くの医療機関に直接電話で相談し、検査や診療ができる医療機関を紹介してもらう。都道府県に対し10月中に体制を整えるよう同日、通知した。準備が整った自治体から実施する。十分な数の医療機関確保が課題となりそうだ。

 現在は、保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」に患者が相談し、「帰国者・接触者外来」や地域の検査センターにつないでもらう流れとなっている。しかし、インフルエンザの流行に備えて変更することにした。