北海道寿都町が高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査に応募を検討していることを巡り、鈴木直道道知事は4日、東京都内で梶山弘志経済産業相と会談し、第2段階である概要調査に進む際に反対する意向を伝えた。梶山氏は「意見に反して概要調査に進むことはない」と述べた。

 国は概要調査への移行時に、知事が反対する場合は「次の段階に進まない」としている。

 また鈴木知事は会談で「町が二分されている」として、片岡春雄町長に丁寧な説明をするよう求めた。

 会談後、鈴木知事は「一定の理解をいただけたと思う」と述べた。