高松市で車内に置き去りにされた女児2人が熱中症の疑いで死亡した事件で、香川県警に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の無職竹内麻理亜容疑者(26)=高松市川島東町=が2人を放置している間、複数の飲食店で酒を飲む姿を目撃されていたことが4日、県警の調べで分かった。

 県警によると、竹内容疑者は2日夜、市内の駐車場に止めた乗用車に2人を残し、3日明け方までは数軒の飲食店をはしごしたことが目撃証言で確認された。子どもを連れていない竹内容疑者の姿が周辺の防犯カメラにも写っていたという。

 県警は目撃証言と映像に基づき、子どもを長時間放置した疑いがあると判断した。