スマートフォン向けゲームアプリ「ドラゴンクエストウォーク」の1周年記念イベントが東京都内で開かれ、新CMに出演する俳優の田中圭と中村倫也が登場した。

 同アプリは、スマホの位置情報を利用して外を歩き回りながら冒険を進めていくゲーム。CMは少し不器用な兄(田中)とその優しさに応えたい弟(中村)の、美しい絆を描く。

 田中は「倫也が相手だし、CMスイッチというよりは俳優スイッチが入りました。すごくエモい(感情を揺り動かされる)し、泣けるCMになった」と胸を張った。中村は「思っていたのと違った。2人で勇者の格好をして『ヤーッ!』ってやるのかと思っていた」と振り返った。

 2人ともアプリ配信以来のヘビーユーザー。田中は、レアなアイテムを求め、ジョギングしながらプレーしたエピソードを披露した。

 「2、3時間走れば出るだろうと思っていたけど、なめていましたね。遠くまで来ちゃって膝も限界になったので、タクシーに乗ったら車内で(レアが)出ました」と苦笑した。

 イベントにはゲームデザイナーの堀井雄二さんも出席した。