バレーボールの国際大会、ワールドグランドチャンピオンズカップが廃止される見込みであることが4日、関係者への取材で分かった。4年に1度、各大陸王者などが集まり日本で開催されてきた。

 大会は1993年から五輪翌年に行われ「グラチャン」の愛称で親しまれていた。直近の2017年大会で日本は男子が6位、女子が5位だった。