萩生田光一文部科学相は4日の閣議後記者会見で、休日の部活動に関し「例えば中学校の大会は日曜日にやめてもらうことはできないだろうか」と述べ、教員の負担軽減を進めるため、日本中学校体育連盟(中体連)などと議論していく考えを示した。

 長時間労働が問題視される教員の働き方に関する文科省内の会議は1日に改革方針を取りまとめた。萩生田文科相は今後さらなる議論が必要とした上で「各競技団体などと話し合いながら、できる限り先生方が(部活動に)携わりやすい環境をつくっていきたい」と話した。