来夏に延期となった東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策に関し、橋本聖子五輪相は4日の記者会見で、競技団体との連絡会議を設置し、11日に初会合を開くと明らかにした。橋本氏自身も出席する方針で「アスリートの声、競技団体の声を聞いて、今後の検討内容に反映させたい」と述べた。

 4日夕には、政府と東京都、大会組織委員会や関係省庁による対策調整会議の初会合が行われる。橋本氏は「政府としては、大会の主役である選手の声をしっかり聞いていく。しっかりと環境整備した上で、パフォーマンスが落ちないようにすることが何よりアスリートにとって重要な問題だ」と話した。