【カイロ共同】先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)外相は3日、テレビ電話による臨時の外相会議で、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、世界経済の回復のため国際協調を主導していく重要性を確認した。議長国サウジアラビアのファイサル外相は経済回復のために「国境を開く」ように各国に呼び掛けた。日本外務省やサウジ外務省が明らかにした。

 外相会議は新型コロナ感染拡大への対応について各国の経験共有を目的としてサウジが呼び掛けた。日本からは茂木敏充外相が参加し「感染抑止と両立した上での国際的な人の移動の再開が不可欠」などとの見解を示した。