三菱UFJ銀行で西日本地域を担当する谷口宗哉取締役専務執行役員(58)は3日までに共同通信のインタビューに応じ、観光分野の事業創出を目指す新興企業の支援拠点を来年2月ごろ大阪市内に開設すると明らかにした。大手企業に運営に関わってもらい、新興企業と大企業を橋渡しする拠点にする。

 JR西日本や近鉄グループホールディングス(HD)、関西電力、ダイキン工業など21社・団体が運営に参加する。新興企業の事業創出へ向けた実証実験を資金面で支援したり、知見を提供したりする。谷口氏は「大企業の課題をスタートアップと連携して解決できるような場所にしたい」と述べた。