中日の大野雄大が今季4度目の完封を無四球で飾り、7勝目を挙げた。散発2安打に封じ、二塁を踏ませなかった。打っても五回に2点三塁打を放ち、チームの甲子園での連敗を9で止めた。阪神は青柳が8失点と崩れ、守りも乱れた。