トヨタ自動車労働組合は30日、定期大会を愛知県豊田市で開催した。毎年春に原則一律に昇給する現在の方式を見直し、人事評価に連動して昇給額を決める新制度を2021年に導入することに同意した。経営側が提案していた。社員の働く意欲を高めることで会社の競争力強化につなげる方針に労使が一致した。

 一般組合員の約6万5千人が対象。制度上、極めて低い評価となった場合には定期昇給がゼロになる可能性もある。

 また大会では春闘に向けた運動方針を議論。「組合員の働きがい向上を軸に取り組む」ことを決定した。介護や育児などとの両立や、キャリア形成などを重点的に支援する。