仙台市青葉区の高台にある仙台城(青葉城)跡の庭園で、しだれ桜1本に季節外れの花が咲いた。2018年から3年連続の“返り咲き”に、関係者は「今年も咲いてくれた。ほほえましい」と喜んでいる。

 秋晴れの陽気の中、枝先のつぼみから淡いピンク色の小さな花がいくつも顔をのぞかせていた。「返り咲き」は、通常春に咲く桜が、季節を外れて秋に開花する現象。

 近くの青葉城本丸会館職員の大西遼さん(26)によると、3年前の台風後に、返り咲きが始まったといい「木の体内時計がずれたままなのかな」と推測。今年は春に咲いた後、9月27日にも開花、一か月ほど楽しめそうだという。