群馬県内の学校など公共施設の警備業務の入札で談合を繰り返した疑いがあるとして、公正取引委員会は30日、独禁法違反(不当な取引制限)容疑でALSOK群馬(前橋市)やセコム上信越(新潟市)の前橋市の支社など計8社に立ち入り検査した。関係者への取材で分かった。

 他に立ち入り検査を受けたのは北関東綜合警備保障(宇都宮市)や、いずれも群馬県に本社がある群馬警備保障、国際警備など。

 関係者によると、群馬県内の官公庁が発注する機械を使った警備業務の指名競争入札や一般競争入札などで、遅くとも2006年ごろから入札金額などを事前に調整して受注業者を決めていた疑いがある。