立憲民主党の安住淳国対委員長は30日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、性暴力被害に関する同党の杉田水脈衆院議員の「女性はいくらでもうそをつけますから」との発言を巡り、自民党として処分を求めた。森山氏は会談後、記者団に「発言があったとすれば極めて遺憾」と述べた。具体的な対応について言及を避けた。

 安住氏は会談で「非常に侮辱的で看過できない。自民党のガバナンスが問われるので、十分に対応してほしい」と要求した。森山氏は「しかるべきところと、よく相談したい」と答えた。

 これに先立って立民など野党4党の国対委員長は、自民党が対応すべきとの認識で一致した。