ラグビーのトップリーグ、東芝は30日、同チームでコーチを務めていた2011年、15年ワールドカップ(W杯)日本代表の湯原祐希(ゆはら・ひろき)さんが29日に死去したと発表した。36歳だった。29日に東京都府中市内のクラブハウスで倒れ、病院に運ばれていたという。

 湯原さんは流通経済大から東芝入り。日本代表では22キャップを獲得し、11年W杯に出場した。15年W杯では出場機会がなかったが、1次リーグで3勝を挙げたチームを支えた。