【クリーブランド共同】米大統領選の共和党候補トランプ大統領(74)と民主党候補バイデン前副大統領(77)の第1回候補者討論会が29日、中西部オハイオ州クリーブランドで開かれ、新型コロナウイルス対応や最高裁人事を巡り対立、激しい応酬となった。最終盤に差し掛かる選挙戦で初の直接対決。バイデン氏はコロナ対応で「大統領にはプランがない」とし、選挙運動で大規模集会を開いていることを「完全に無責任」と批判。トランプ氏は、バイデン氏が厳しい感染防止策で経済を再停止させ「国を破壊しようとしている」と主張した。