【ワシントン共同】10月31日打ち上げ予定の米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンで国際宇宙ステーションに向かう飛行士の野口聡一さん(55)が29日、米航空宇宙局(NASA)によるオンラインの記者会見に参加し「準備万端だ。宇宙での日々を楽しく過ごし、笑顔で戻りたい」と抱負を述べた。

 民間による宇宙船の本格運用1号機。野口さんは3回目となる宇宙飛行に向け、初めて企業主導の訓練を受け「効果的だった」と印象を語った。

 野口さんがステーションを訪れるのは10年ぶり。共に乗り組むNASAの飛行士は男性2人、女性1人。4人は半年間ステーションに滞在する。