秋田市の秋田港でイカ釣り漁船第10喜宝丸(14トン)が爆発、炎上した火災で3日午後1時ごろ、船内から1人の遺体が見つかった。秋田海上保安部は、青森県東通村の乗組員の男性(58)の可能性があるとみて身元の確認を進めるとともに、出火原因を調べる。

 秋田海上保安部によると、遺体は船首付近で見つかった。漁船は青森県東通村の野牛漁業協同組合に所属。杉本現貴船長(42)によると、イカ漁のため1日から秋田港に停泊しており、男性だけが乗っていた。

 目撃者によると、船はバッテリーが積まれていた中央部分から出火したといい杉本船長は「バッテリーが原因なのではないか」と話した。