「火の神」「台所の神様」として信仰を集める和歌山県橋本市の光三宝荒神社で3日夜、恒例の献灯祭があった。新型コロナウイルスの影響で、参拝者が火をともすろうそくは例年の半数の約5千本に。明かりが周辺を淡く照らし、幻想的な雰囲気となった。

 神事と法要の後、「家内安全」「無病息災」などと書かれた高さ約25センチの灯籠約100基が、世話人により境内の棚に並べられた。続いて参拝者らが高さ約2メートルの燭台に立てられた長さ約15センチのろうそくに火をともし、手を合わせた。

 創建から900年以上の光三宝荒神社は、日本三大荒神の一つとされる。