立憲民主、国民民主両党などが結成する合流新党に参加する国会議員の募集が3日、締め切られた。名簿は未公表。共同通信の集計では150人弱となった。15日の結党大会までに態度決定する議員も数人おり、新党は150人前後でスタートする見通しだ。議員による代表選は7日に告示。国民の泉健太政調会長は立候補の意向を固めた。泉氏と立民の枝野幸男代表は、4日にそれぞれ出馬会見する予定で一騎打ちとなる公算が大きい。

 枝野氏は、国民の小沢一郎衆院議員の支持を得るなど優位とみられている。泉氏は国会内で記者団に「代表選やるべしとの声を受け止め、最終決断したい」と述べた。