3日の日本列島は日本海側を中心に気温が上昇し、新潟県三条市で40・4度を記録した。国内観測史上、9月として初の40度台。台風9号、台風から変わった温帯低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込んだほか、山越えの風が熱を帯びて麓に吹き下ろす「フェーン現象」も影響した。

 気象庁によると、最高気温は他に新潟県胎内市で40・0度、山形県鶴岡市で39・1度、石川県輪島市で38・6度を観測した。北海道や青森、秋田、山形、富山、石川各県などで日本海側を中心に9月の最高気温を更新した地点も続出した。