覚醒剤取締法違反(使用、所持)罪などに問われた人気バンド「Do As Infinity」の元メンバー長尾大被告(49)は3日、宮崎地裁都城支部であった初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑、弁護側は執行猶予付き判決を求め、即日結審した。判決は10月1日。

 被告は作曲家として、歌手浜崎あゆみさんらに多くのヒット曲を提供。被告人質問でファンへの思いを問われ「僕の曲を思い出にしている方も多い。泥を塗ってしまった」と述べた。

 検察側は冒頭陳述で、被告が今年4月に宮崎県小林市内で暮らし始めてから、ほぼ毎日覚醒剤を使っていたと述べた。