政府は4日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策調整会議の初会合を首相官邸で開催する。東京都や大会組織委員会と連携し、ウイルス感染状況を踏まえ、東京大会を安全に運営するための具体策を固める構えだ。

 関係者によると、数回の会合を経て、年内に中間取りまとめを示す。選手、大会関係者の出入国や日本国内移動に関するルールを協議。選手村や競技会場での感染予防策、感染者が出た場合の対応、観客についても同様のテーマごとに議論する。初回は主な論点や現状の対策に関して情報共有するとみられる。

 会議のトップは杉田和博官房副長官が務める。